北坂戸ファミリークリニックとは

  • home >
  • 北坂戸ファミリークリニックとは

北坂戸ファミリークリニックは在宅診療と訪問診療からなり地域密接した病診連携により、充実したサービスを提供します。

在宅医療とは

在宅医療には、医師がご自宅に訪問し診療する訪問診療と看護師による訪問看護、理学療法士・作業療法士による訪問リハビリテーション、薬剤師による訪問薬剤管理指導、栄養士による訪問栄養指導、歯科医師・歯科衛生士による訪問歯科診療などがあります。
今回設立する訪問診療とは医師が患者様のもとへ訪問し、診察や治療を行うことです。体調が悪くなったときだけ医師を呼び診察を受ける「往診」(注1)ではなく、患者様のご自宅へ定期的にお伺いするのが、「訪問診療」です。「寝たきり」「認知症」「末期がん」などの病院へ通院が困難な患者様(注2)の自宅へ訪問し、在宅療養を定期的に継続し行います。

  • 注1)患者様の求めに応じて(呼ばれて)医師が出かけてゆくのが所謂『往診』です。診療計画を立て、医療的管理に基づいて、定期的にお宅に伺うのが『訪問診療』です。医師が自宅に来るイメージは、体の具合が悪くなったときに来てもらうというものが一般的ですが、これは『往診』と呼ばれ、『訪問診療』はそれとは異なります。
  • 注2)体の麻痺などで通院が困難な方、長期の療養をできる限り住み慣れた地域・自宅で送りたいという方、寝たきりのお年寄りの方などに、医療機関が予め診療計画を立て、医学的・医療的管理に基づき、定期的に医師が患者様のお宅を訪問し、診療を行うことを『訪問診療』と呼びます。

■在宅診療のしくみ

訪問診療とは

「訪問診療」は、厚生省の定義では、以下のように定められています。患者の病状に基づいた訪問診療の計画が立てられており、かつ、実際に当該計画に基づいて患者宅を定期的に訪問し診療を行うものである。具体的には、次のような医療行為が行われる診療を「訪問診療」といいます。

  • 今まで入院していた病院の紹介状をもとに、医療従事者が患者の自宅を訪問し診察します。診察にもとづき患者および介護家族との面談を行い、日々のケアに何が必要かなどについて話し合い、診療計画を立てます。
  • 診療計画には、看護師による訪問看護、医師による訪問診療、必要な医療行為(点滴の実施、尿カテーテルの管理、褥創の管理、酸素装置の管理、中心静脈栄養の管理、経鼻栄養カテーテルの管理)などがあります。
  • 医師は月に2回~定期的に患者宅を訪問します。
  • 患者が介護保険の対象者であれば、介護サービスの策定(ケアマネージャーによる)などの訪問介護計画も加わります。